学校とカラコンについて

学校にカラコンをして行って良いのは早くても高校生になってからでしょう。小、中の間は控えておいた方が良いと思います。高校でも規則の厳しいところもありますので注意しましょう。最近では、していてもばれないカラコンなんかも人気なようです。目の輪郭だけが色がついていて、瞳を一回り大きくしてくれるのです。おしゃれで少しでも可愛くいたいという女の子には必須アイテムでしょう。人気のものは使用期限が1年程で直径14ミリのものなどです。値段は四千円程度です。目を大きく見せてくれるこちらのアイテムは、第一位の人気です。様々な商品が販売されていて、学校での女子の会話にも出てきますし、益々人気があります。

家庭教師をお探しならこちら!
難関校・医学部の合格実績多数なので、しっかり結果を出せますよ。子供たちのフォローや入試イベントも多数開催!

学校気分

カラコンをつけて登校する事

学校にカラコンをつけていくというのはどうなのでしょうか。基本的に小中では認められている所は珍しくありません。学則によって異なるため自由につけていける状態であるという事が往々にしてあります。ただ、大学生や高校生はある程度生徒が自我をもって行っているので理解は出来ますが、小学生などには親がさせないようにするべきでしょう。そもそもコンタクトレンズは目を傷つけるリスクを背負わなければなりません。特に発達が望まれる子どもであれば生じた傷が後々大きな影響を及ぼします。また、マナーといった面でも将来子どもに恥をかかせてしまうかもしれません。ある程度自分でしっかり考えられる世代に慣ればカラコンを許容してもよいかもしれませんが、そうでないなら学校につけていくことはやめさせるべきでしょう。

学生のカラコン情報

新着情報